2017/11/10 06:00

弓道女子を熱演の池田エライザ「本来の私はとても男っぽい!」

映画「一礼して、キス」で主演を務める池田エライザ
映画「一礼して、キス」で主演を務める池田エライザ

累計100万部を突破した加賀やっこの漫画「一礼して、キス」が、池田エライザと中尾暢樹によって映画化、11月11日(土)に公開される。

モデルとしてカリスマ的な人気を博し、現在ではドラマに映画と活躍の場を広げる池田が中学から弓道に取り組んできた高校3年生の岸本杏を演じ、弓道に夢中になる杏に恋をした後輩男子・三神曜太を「動物戦隊ジュウオウジャー」(2016年、テレビ朝日系)で主演を務めた中尾が演じる。

そんな注目が集まる池田に、役作りや演技について、今の思いを聞いた。

――主演に決まった時、どんな気持ちでしたか?

主演が決まったということよりも、古澤(健)監督率いる古澤組が好きなので、古澤組に参加できることがうれしかったです。プレッシャーというよりは、この作品を担っていくためにしっかりしようっていう気持ちが強くなりました。

――役作りはどんなふうにされましたか?

監督が私に託してくださったので、撮影現場では常に“杏ちゃん”でいようと思っていました。杏ちゃんは“普通の女の子”なのですが、それはそれで私の課題であって。普通ということの捉え方は人それぞれだし、「普通ってなんだろう?」となってしまうので、私は“まだ何も決め切れていない女の子”だと思って演じました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >