2017/11/11 18:15

大東駿介“お漏らし”を告白「だから優しくなれた」

映画「BRAVE STORM ブレイブストーム」の公開記念舞台あいさつが行われた
映画「BRAVE STORM ブレイブストーム」の公開記念舞台あいさつが行われた

映画「BRAVE STORM ブレイブストーム」の公開記念舞台あいさつが11月11日に都内で行われ、W主演となる大東駿介、渡部秀をはじめ、山本千尋、タモト清嵐、春日光一、壇蜜、松崎悠希、吉沢悠、岡部淳也監督が登壇した。

同作品は、1971~1974年に放送された特撮番組「シルバー仮面」(TBS系)、「スーパーロボット レッドバロン」(日本テレビ系)をリブートし、現在の特撮技術、CG、VFXを駆使し、迫力ある特撮キャラクター作品を完成。

岡部淳也監督がプロデュース、脚本も担当しており、自社製作体制、中規模予算という製作環境の中で、従来の特撮映画ではあまり目にしなかった斬新な映像シーンを実現させている。

舞台あいさつでは、今作が過去に戻り未来を変えることがテーマの一つとなっていることから、出演者は「タイムトラベルをするなら、過去に戻り何を変えたいか?」をテーマにトークを展開した。

大東は「過去に戻ることができてやり直してしまうと、僕たちの感情がなくなってしまうんじゃないか。つらい経験や悲しいことがあったから、それが感情になっていくと思う。やり直せなくていいかな」と前置きした上で、小学生時代のエピソードを披露。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >