2017/11/11 06:15

絶滅危惧種のウミガメが湘南で産卵、「志村どうぶつ園」が密着84日の貴重映像を公開!

湘南の海岸でアカウミガメの卵を丁寧に掘り返す海洋生物研究家・倉持卓志氏/(C)NTV
湘南の海岸でアカウミガメの卵を丁寧に掘り返す海洋生物研究家・倉持卓志氏/(C)NTV

11月11日(土)放送の「天才!志村どうぶつ園」(夜7:00-7:56日本テレビ系)で、神奈川・湘南の海水浴場で産卵されたアカウミガメの卵に密着したドキュメント映像が公開される。

■ アカウミガメとはどんなウミガメ?

アカウミガメは、地球上に7種類いるウミガメの中で、その数も少なく、絶滅危惧種に指定。赤茶色の甲羅に大きな頭が特徴だ。

■ 今年の夏、湘南の海岸に114個もの卵が発見された!

そんなアカウミガメがこの夏、湘南の海水浴場・一色海岸に突然現れ、産卵し、海へ帰っていった。その数、114個。

海水浴客が卵の埋まった砂の上を歩き回らないよう、専門家や新江ノ島水族館立会いの下、砂浜の安全な場所に埋め戻し、孵化(ふか)するまでを見守ることに。

その情報を知った番組スタッフは、卵が埋まっている場所のそばにテントを張り、メディアとしては独占密着に成功。

■ 番組では、専門家の丁寧な解説で分かりやすく!

偶然にも、産卵をした砂浜のすぐ隣の公園に海洋生物の研究施設があり、そこにウミガメの研究を20年以上続けて来た海洋生物研究家・倉持卓司氏がいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン