2017/11/15 07:00

杉浦太陽、出版社の編集者に転身!?「取材に行くことが楽しみ!」

編集部員として奔走する杉浦太陽
編集部員として奔走する杉浦太陽

架空の出版社を舞台に、さまざまな業界の専門用語を収集していく金曜+1「業界用語大辞典」(夜11:00-11:55、BSフジ)が、 11月3日から24日(金)まで4週にわたり放送中だ。

番組では、杉浦太陽、神田愛花らが編集部員として相撲部屋や新幹線製造工場などに潜入。一般的には使用されない言葉を“用例採集”し、編集長を務める言語学者の金田一秀穂氏がその言葉の意味や語源の解説していく。

今回、収録を終えた杉浦にインタビューを実施。番組に出演する感想や見どころを聞いた。

――これまで、さまざまな業界に対して取材されています。特に印象に残った業界を教えてください。

第1回の放送でダム業界に行きました。ダムから出る水しぶきを“ダム汁”と呼んだり、日本全国で配布されている“ダムカード”というトレーディングカードもあるんですよ(笑)。ダムにファンの方が多い理由が分かりましたね。マニアックで面白かったです!

――番組を通して新しい発見などはありましたか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >