2017/11/15 18:00

「皆さんからの『頑張れ!』という気持ちで頑張れる」 須賀健太×木村了 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月“兵庫”対談!

兵庫を演じるのにはそれぞれプレッシャーがあったという/撮影=広ミノル
兵庫を演じるのにはそれぞれプレッシャーがあったという/撮影=広ミノル

ことし3月にオープンした、客席が360°回転する「IHIステージアラウンド東京」で上演中の劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』。1990年に初演を迎えて以来、7年ごとに上演を続ける人気作である本作。今回は“花・鳥・風・月・極”にシーズンをわけ、第1弾“Season花”では小栗旬ら個性豊かなキャスト陣で重厚な物語を紡ぎ上げ、“Season鳥”では阿部サダヲ主演で歌と踊りが盛り込まれた舞台に、“Season風”では松山ケンイチの一人二役が話題になるなど、シーズン毎にキャストや脚本、演出を変え上演されている。そしていよいよ11月23日(木・祝)より“Season月”の上演がスタート。

“月”では上弦の月と下弦の月の2チームにわかれ、ダブルチームで上演する。上弦の主演には本作が初舞台となる福士蒼汰、下弦には声優としても活躍する宮野真守。そんな“若い”世代がそろう“Season月”において、同じ兵庫役を演じる須賀健太(上弦)、木村了(下弦)にインタビュー。同じ事務所の先輩後輩でもあり、同舞台と同じくいのうえひでのりが演出を手掛けた舞台「鉈切り丸」(2013年)で共演経験もある2人の、息の合ったトークをスペシャル写真と共にお届け。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >