2017/11/18 12:05

刑務官は24時間体制で受刑者を指導監督! 「監獄のお姫さま」お仕事リアル調査

ふたば(左・満島ひかり)が務める刑務官の“リアル”とは?/(C)TBS
ふたば(左・満島ひかり)が務める刑務官の“リアル”とは?/(C)TBS

満島ひかりが元刑務官のふたばを演じている「監獄のお姫さま」(毎週火曜夜10:00-10:54、TBS系)。

ふたばは仲間としてカヨ(小泉今日子)らと吾郎(伊勢谷友介)を誘拐したが、刑務官時代は入所してきたばかりで戸惑っていたカヨを厳しく指導。第4話では、妊娠したしのぶ(夏帆)が救急車で運ばれる際に帯同し、第5話では、受刑者たちが資格を取るための講習で、美容師の資格を持つふたばが美容師コースを担当。受刑者たちを厳しく指導し、更生に向けて幅広くサポートを行っていた。

だが、実際の刑務官はどういう仕事をしているのだろうか。同作の刑務所監修を務める木下登志美氏に、その“リアル”を聞いた。

■ リアルその1…365日24時間体制で指導監督を行う!

受刑者たちに厳しい目を向ける刑務官・ふたばだが、仕事の実態は? 「刑務官の仕事は多岐にわたるため、さまざまな部署があります。そして、それぞれの部署は受刑者の更生、社会復帰のために、それぞれの役割を果たします。処遇に携わる部署では、受刑者の生活全般にわたって、365日24時間体制で受刑者の指導監督を行っています」(木下氏)と、受刑者に厳しいふたばが働く環境もなかなか厳しそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >