2017/12/06 07:00

関根勤の“ペリーの物まね”は苦肉の策!?「若い世代にもウケたい!」

記録用のレコードを紹介する「珍盤アワー 関根勤の聴くメンタリー!」に関根勤が出演する(写真左から井川修司、関根、清水ミチコ)/(C)BSフジ
記録用のレコードを紹介する「珍盤アワー 関根勤の聴くメンタリー!」に関根勤が出演する(写真左から井川修司、関根、清水ミチコ)/(C)BSフジ

12月1日、15日(金)の2回にわたり放送する金曜+1「珍盤アワー 関根勤の聴くメンタリー!」(夜11:00-11:55、BSフジ ※1回目の再放送は12月8日[金])。

この番組は、リオのカーニバルやF1のレーシングカーの音を収録した記録用のレコードを紹介し、関根勤や清水ミチコが録音された昭和の思い出を振り返るバラエティー。寺院の釣り鐘・梵鐘(ぼんしょう)の音だけを全国32カ所分も集めたレコードや、青森・恐山のイタコの口寄せ衆といった珍しいレコード“珍盤”も登場する。

今回、収録を終えた関根にインタビューを実施し、番組の見どころやレコードに対する思いなどを聞いた。

――記録用のレコードを聞くという珍しい番組です。収録を終えた感想を教えてください。

音楽ではなく、そして映像のないものをお送りするということで、新しいと感じました! 人間は目で情報をキャッチしていますから、日常ではここまで耳を使うことがないので、脳が活性化した気がします(笑)。自分のこれまでの思い出を掘り起こしてくれましたね。懐かしかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >