2017/11/18 09:00

「コウノドリ」松岡茉優「最終回までに四宮先生には“ふん”ではなく“ほぉ”を言わせたい」

撮影●川野結李歌
撮影●川野結李歌

ヒューマン医療ドラマ「コウノドリ」(TBS系)に異変アリ。ペルソナ総合医療センターで産婦人科医として経験を積んでいた下屋加江が、11月17日 放送の第6話で救命科へ移ることに。11月24日(金)放送の第7話では、転科した下屋のゼロからのスタートが描かれる。下屋役の松岡茉優が、この注目の展開について、さらに最終回に向かっていく今後についてたっぷりと語った。

■ 下屋が産科を出ていくとき、原作どおり髪を短くしたかった

―第6話は、下屋が産科を出て救命科に異動するという衝撃の急展開でした。この変化をどのように演じようと思いましたか?

撮影が始まる前、プロデューサーさんたちから「このシーズン2では下屋の転科を描きたい」というお話を聞いたのですが、私も原作コミックでそのとき下屋が髪を切る場面が潔くて好きでしたし、ドラマでもやりましょうという話になりました。そして、ばっさりと短くしてみたのですが、いかがでしょうか? ちなみにその場面を撮影したとき、白川役の坂口健太郎さんには完全スルーされまして、「髪、切ったんだけど」と言ったら、「モニターで見てたよ」とあっさり。もっと何か一言ちょうだいよ!と思いました(笑)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >