2017/11/21 06:00

瀧本美織が“シャンソンの女王”に! 帯ドラ第3弾は越路吹雪の一代記をつづる

瀧本美織が昭和の歌姫・越路吹雪を熱演!/(C)テレビ朝日
瀧本美織が昭和の歌姫・越路吹雪を熱演!/(C)テレビ朝日

「やすらぎの郷」「トットちゃん!」に続き、2018年1月よりスタートする帯ドラマ劇場の第3弾が、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記を描く「越路吹雪物語」に決定した。

越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、稀代の作詞家・岩谷時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡を、昭和という激動の時代を背景に誰もが耳にしたことのある名曲とともに紡ぐ。

子供の頃から歌が大好きだった越路吹雪こと河野美保子(愛称・コーちゃん)は、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験し、見事合格。

天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへと上り詰めた越路は退団後、女優として活動をスタートする。その後、作詞家の時子とタッグを組んで「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”と呼ばれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >