2017/11/22 19:27

CS局が新風を吹き込む!『プロメテウス』新録版の吹き替えは佐古真弓

考古学者のエリザベス・ショウ(写真中央)や、恋人のホロウェイ(写真左)、アンドロイドのデヴィッド(写真右)らが人類の起源の謎に迫る/(C) 2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
考古学者のエリザベス・ショウ(写真中央)や、恋人のホロウェイ(写真左)、アンドロイドのデヴィッド(写真右)らが人類の起源の謎に迫る/(C) 2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

吹替版の放送に力を入れるCS放送のザ・シネマが、「エイリアン」シリーズ5作目となる『プロメテウス』に新たな声優を迎えた新録吹替版を12/3(日)に放送する。

新録版は、主人公エリザベス・ショウ博士役のノオミ・ラパスに佐古真弓を、メレディス・ヴィッカーズ役のシャーリーズ・セロンには、本田貴子を起用。また、9月に公開されたシリーズ最新作『エイリアン:コヴェナント』にも登場するデヴィッド役のマイケル・ファスベンダーには、宮本充を引き続き起用し、新たな声で楽しめる新鮮味に加え、シリーズを続けて鑑賞しても違和感のないキャスティングとなっている。

放送日の12/3(日)は午前9:00~後8:55まで『エイリアン[ディレクターズ・カット版]』から『プロメテウス[ザ・シネマ新録版]』までの「エイリアン」シリーズを吹替版で一挙放送する。

リドリー・スコット監督による『プロメテウス』は深遠にして根源的なテーマ、人類の起源に迫るという壮大なアイディアを基に繰り広げられる大作。さらに同監督の最新作『エイリアン:コヴェナント』は、『プロメテウス』と第1作『エイリアン』のミッシング・リンクをつなぐ重要作。この作品で“エイリアン”が姿を現し、それがどのようにこの世に誕生したのかまでが解き明かされる。12/13(水)よりデジタル配信スタート、2018年の1/10(水)にブルーレイ&DVDの発売が開始されるため、併せて鑑賞するのもおすすめだ。

佐古は、『LUCY/ルーシー』の主人公であるスカーレット・ヨハンソンや、『ミレニアム』シリーズの主人公リズベットなどでノオミ・ラパスの声を吹き替えているベテラン声優。かつて地上波の洋画劇場で放送された日本語吹替版を発掘する「厳然!吹替シネマ」などの番組にも力を入れている同チャンネルが新録版を制作。この渾身の一作を見逃す手はない。(ザテレビジョン)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >