2017/11/24 23:02

秋ドラマ スカッと名場面!「陸王」名シーン振り返り

「陸王」の第1話では、リストラを迫る銀行員に一喝する宮沢(役所広司)の姿にスカッとした/(C) TBS
「陸王」の第1話では、リストラを迫る銀行員に一喝する宮沢(役所広司)の姿にスカッとした/(C) TBS

「勧善懲悪!」「悪を成敗!」「不正をぶった斬る!」など、スカッとする展開の秋ドラマから「陸王」をピックアップ!第1話~3話までの名場面を裏ネタ解説と共に振り返り!!

■ “拝金主義”の銀行員を一喝!

こはぜ屋を立て直すためリストラが必要だと考える大橋(馬場徹)に対して、宮沢はリストラをせず、マラソン足袋の開発を続けると宣言。こはぜ屋の将来を支える坂本役の風間俊介は「銀行員の人たちの思いをすべて背負ってやっていきたい」と語るほどの入れ込みようで撮影に挑んでいた(第1話10/15OA)

■ リタイアした飯山の情熱に“着火”

耐久性のあるソール作りのためにはシルクレイが必要不可欠と特許を持つ飯山(寺尾聰)の元に何度も足を運ぶ宮沢。その情熱にほだされ、過去を振り切り、飯山が「陸王」の開発メンバーに加わる。撮影での寺尾は、飯山のセリフに秘められた意味を福澤克雄監督と確認。無愛想な態度からにじませるシルクレイへの愛情を表現した。(第2話10/29OA)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >