2017/11/25 10:00

【金スマ】作詞家・阿久悠のプロデュース戦略に中居正広も感嘆

中居正広
中居正広

11月24日(金)放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に芳村真理がゲスト出演。数多くの歌手や名曲を世に送り出した作詞家・阿久悠にまつわる逸話や裏話の数々を語った。

音楽番組「夜のヒットスタジオ」(1968年~1990年放送、フジ系)の司会者を20年務めた女性司会者の先駆け・芳村からのリクエストで、作詞家・阿久悠にクローズアップ。阿久といえば、1970年~1980年代を中心に活躍し、5000曲以上もの作詞を手掛けた作詞家。日本レコード大賞の大賞5回作詞賞7回という受賞記録は作詞家として最多で、阿久の名曲の数々を当時の映像と共に紹介。尾崎紀世彦の大ヒット曲「また逢う日まで」は、ウーマンリブ運動などが盛んだった世情に合わせて、阿久が“強い女性”の詞に書き直したものであるといった裏話が語られた。

また、1970年代はまだ音楽プロデューサーという職業がなかった時代でありながら、歌手のイメージから戦略にいたるまでのすべてを手掛けたという阿久。デビュー曲「こまっちゃうナ」(1966年)の可憐な少女から、「どうにもとまらない」(1972年)で激しい恋の女に生まれ変わって低迷期を乗り越えた歌手・山本リンダは、「待って待って待って待って『やっと巡り合った、これだー!』と思って。本当にこの歌を真剣にがんばろうって」と、阿久の歌詞を初めて見たときの感動を涙目で語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >