2017/11/29 00:00

高杉真宙&葉山奨之「セトウツミとして『M-1グランプリ』に出場しちゃう?」

「セトウツミ」のイベントに登壇した瀬田なつき監督、高杉真宙、葉山奨之(左から)
「セトウツミ」のイベントに登壇した瀬田なつき監督、高杉真宙、葉山奨之(左から)

テレビ東京ほかで放送中の「ドラマ25『セトウツミ』」の先行上映イベントが11月28日に都内で行われ、主演を務める高杉真宙と葉山奨之、瀬田なつき監督が登壇した。

同ドラマは、関西の男子高校生・内海(高杉)と瀬戸(葉山)が、放課後に河原で「喋るだけ」の青春会話劇。

高杉と葉山は、映画「渇き。」(2014年)で共演経験があったが、お互いあまり覚えておらず、ドラマをやる際「はじめまして」とあいさつしたそう。

高杉は、葉山の印象について「内海が似合うんじゃないかなって思いました。逆に瀬戸のイメージがなかったんですけど、現場をいつも引っ張っていってくださる兄貴肌」と語ると、葉山は「真宙は極度の人見知りなので、壁を破って距離をぐっと詰めていかないといけないなって思っていました。でも一瞬で打ち解けました」とにっこり。

また、2人はワンカットで撮影するシーンの練習に備え、渋谷で練習を重ねたという。「若手芸人さんみたいにたくさん練習しました。リアルセトウツミをしました」と高杉が語ると、葉山が「セトウツミとして、『M-1グランプリ』に出場しちゃう?」と返し、息ぴったりなコンビ芸を見せていた。

最後に今後のドラマの見どころについて、瀬田監督は「笑いが少なくなるかも」と述べると、葉山も「台本見た時『これセトウツミやんな!?』と思いました。サスペンスみたいです」とアピールした。(ザテレビジョン)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >