2017/11/30 08:00

ロバート秋山が「やれたかも委員会」で連ドラ単独初主演!『どうしようかな』

大人気“共感ムラキュン”漫画「やれたかも委員会」がAbemaTVにて初実写化
大人気“共感ムラキュン”漫画「やれたかも委員会」がAbemaTVにて初実写化

AbemaTVオリジナル連続ドラマ第2弾として、ロバート・秋山竜次主演が務める「やれたかも委員会~AbemaTVオリジナルドラマ~」が、2018年1月クールに放送されることが決定。秋山はこれが連続ドラマ単独初主演となる。

「やれたかも委員会」は、漫画家・吉田貴司が、デジタルコンテンツ向けの配信プラットフォーム「cakes」や「note」に作品をアップしたことからSNSを中心に話題となり、ことし7月には書籍としても発売された人気連載漫画。

“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない…”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうが判定する組織「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明、ミュージシャン・パラディソ、財団法人ミックステープ・月満子という個性豊かな3人の登場キャラクターが判定していく。

毎回さまざまな“やれたかもしれない”エピソードを抱え、委員会に判定を求める依頼者たちに対し、「やれたかもしれない夜は人生の宝です」や「やれたかもしれない夜は、人生の隠し味」など、数々の名言を残し、すべてを包み込むような人間愛あふれる塾長・能島明の一言や、月満子の女性ならではの価値観から読み解くキレのある見解がクセになるストーリーとなっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >