2017/11/30 00:30

良知真次「ライブをやりたいって思いがかなった」 “超歌劇(ウルトラミュージカル)『幕末Rock』最終章”の東京公演が開幕

会見に出席した(左から)輝馬、糸川耀士郎、良知真次、三津谷亮、佐々木喜英
会見に出席した(左から)輝馬、糸川耀士郎、良知真次、三津谷亮、佐々木喜英

テレビアニメ化もされたゲーム「幕末Rock」を原作とした、「超歌劇(ウルトラミュージカル)「幕末Rock」絶叫!熱狂!雷舞(クライマックスライブ)」の東京公演が11月29日(水)、AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕。初日公演に先駆け公開ゲネプロが行われ、坂本龍馬役の良知真次をはじめ、「超魂團(ウルトラソウルズ)」のメンバー5人が最終章となる今作にかける意気込みを語った。

作品は、幕府直属の最高愛護(トップアイドル)「新選組」による“天歌(ヘブンズソング)”で支配された幕末を舞台に、志士(ロッカー)たちが音楽の力で革命を起こし、新しい時代を創るというもの。2014年2月にゲームとしてリリースされ、同年7月にはテレビアニメ化もされた。

舞台版は超歌劇(ウルトラミュージカル)として同じく2014年12月に吉谷光太郎氏の脚本・演出で初演。その後再演(2015年)、続編(2016年)と続き、原作ゲームやアニメの世界観はそのままに、劇中の演出シーンの一部として観客がペンライトを振りながら公演を楽しむ“観客参加型”の要素を取り入れた演出で好評を博してきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >