2017/11/30 11:54

ビートたけし 「バラエティーはもっと計算して作る時代だと思う」

「『賞が欲しい』のは、偉くなりたいんじゃなくて、お笑いのため(笑)」と語る/撮影=山田大輔/取材・文=magbug/スタイリスト=市村幸子
「『賞が欲しい』のは、偉くなりたいんじゃなくて、お笑いのため(笑)」と語る/撮影=山田大輔/取材・文=magbug/スタイリスト=市村幸子

週刊ザテレビジョン創刊35周年のメモリアルとして、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るSPインタビュー企画を連載してきた。今回は最終回にして真打ち登場!! ビートたけしが描くテレビの未来とは? 「『何でレモン持つの?』なんて疑問も持たずに撮られてたけど、雑誌の表紙になるって、それなりにうれしかったよ」と語ってくれた“殿”に、これからのテレビについて聞いてみた!

■ 空前の漫才ブームからのサバイバル

デビュー以来、常にテレビ界のど真ん中に君臨し続け、第一線を張ってきたビートたけし。芸人、俳優、映画監督と、さまざまな顔を持つ彼が最初に世にその名をとどろかせたのは、27歳で結成した毒舌漫才コンビ、ツービートの片割れとして。’80年代初頭、日本中を席巻した漫才ブームの“台風の目”としてだった。

「漫才ブームのころは、平日テレビの演芸番組を掛け持ちして、土日は地方に営業に行くの。1日2回公演で、その営業が増えると同時にテレビの露出も増えるんで、テレビでやったネタを営業でやると、お客が『見たことある』と思ってるだろうなって感じがあって。だから新幹線や飛行機の中でネタを作るのが、ちょっとキツかった。それでも、キャーキャー言われるのがうれしい時代だから、まぁやってたんだけど、自分は漫才ブームなんて『ブ―ム』って言うくらいだから、いずれなくなるとは感じてたよね。だから俺が一人でしゃべって相方にツッコませるっていう当時のやり方には限界があるなと思ってた。その当時、萩本欽一さんがコント55号として出た後に、形を変えてテレビでメーンの立場で番組を仕切るようになってたんで、俺もあそこに行かなきゃダメだな、と」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >