2017/12/02 10:00

錦戸亮主演「羊の木」元殺人犯たちの“日常”を一挙公開!

松田龍平演じる宮腰が無表情に一点を見詰める/(C) 2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社
松田龍平演じる宮腰が無表情に一点を見詰める/(C) 2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

吉田大八監督の演出、関ジャニ∞・錦戸亮の主演で2018年2月3日(土)より公開される映画「羊の木」から、場面写真が一挙公開された。

原作「羊の木」(講談社イブニングKC刊)は、山上たつひこ、いがらしみきおというギャグ漫画界に君臨する2人の巨匠がタッグを組み、殺人などの凶悪犯罪に手を染めた元受刑者たちを受入れた港町で起こる数々の事件、住民と元受刑者の不協和音、そして人間が本来的に犯罪者に感じる生理感覚を見事に描く“問題作”だ。

「桐島、部活やめるってよ」(2012年)で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞、「紙の月」(2014年)で第38回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞するなど、日本を代表する名匠の一人である吉田監督がメガホンを取り、「普通の人の輪に入り込む異物」という極限の設定と、その異物が元殺人犯であるというセンセーショナルなテーマを映像化する。

舞台は、ある港町・魚深市。市役所職員・月末(錦戸)は、見知らぬ男女6人(北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平)の受け入れを担当するが、移住してきた彼らは、どこかおかしかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >