2017/12/26 13:00

「時代劇をもっともっとやってみたい!」名匠と組んだ時代劇はいい経験に

「衣装あわせ、所作指導など勉強になることがたくさんあった」と言う北乃きい。一方、永山絢斗は「呼吸一つにしても繊細な芝居を意識させられた」と撮影の舞台裏を明かした
「衣装あわせ、所作指導など勉強になることがたくさんあった」と言う北乃きい。一方、永山絢斗は「呼吸一つにしても繊細な芝居を意識させられた」と撮影の舞台裏を明かした

CS放送の時代劇専門チャンネルで2018年の1月3日に放送される時代劇「小ぬか雨」。藤沢周平原作のオリジナル時代劇シリーズ第二弾「橋ものがたり」の3作目で、自らの人生に希望を抱くこともなかった若い娘と、人をあやめて逃亡を続ける青年との悲恋を描いた物語。このドラマに出演した北乃きいと永山絢斗がその裏話を語った。

本格的な時代劇の出演が初めてとなった北乃は、慣れない時代劇に失敗も。「かつらを付けると、思った以上に自分の背より高くなって何回も照明にぶつかってしまって。しゃがんでるんですけど、ぶつかるんですよ。それから時代劇の衣装に着替える前に浴衣に着替えるんですけど、あんなに楽しく着ていた浴衣も試練(笑)。私服から浴衣に着替えて、帯を締める時間も全部計算して撮影に臨まなくてはいけないんです。これは時代劇をやっている方にとってはあたりまえかもしれないけれど、私は大変でした。でも、とてもいい経験になりました」と、得がたい経験に感慨深い様子。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >