2017/12/10 10:00

【テレビの開拓者たち / 福岡元啓】「情熱大陸」5代目プロデューサーが語る番組作りの極意と“贈る言葉”

ふくおか・もとひろ=1974年生まれ、東京都出身
ふくおか・もとひろ=1974年生まれ、東京都出身

さまざまな分野で活躍する人物に密着取材し、その人の素顔や魅力に迫っていくドキュメンタリー「情熱大陸」(TBS系)で、2010年から5代目プロデューサーを務めてきた福岡元啓。1998 年に大阪の毎日放送に入社し、ラジオ局制作部、報道局を経て、2006年に東京支社へ。「情熱大陸」では生放送を行うなど、新たな試みにも取り組んできた福岡Pが番組に寄せてきた思いとは? 12月17日(日)に放送される「情熱大陸20年記念スペシャル」を区切りに、7年間務めてきたプロデューサーを離れることになった彼に、さまざまな話をうかがった。

■ 報道局時代は、取材対象との人間関係の築き方も勉強になりました

──福岡さんがテレビマンとして初めて携わった番組は?

「毎日放送に入社して最初に配属されたのが、ラジオ局の制作部だったんです。そこで、『MBSヤングタウン』という、局を代表する番組のスタッフを務めました。それから4年後、報道局に異動になって、報道記者として夕方のニュース番組の10分くらいの企画をやったのが、自分にとって初めてのテレビの仕事でした。それは、神戸で震災復興のライブを行っていたガガガSPというバンドを密着取材するというもので。報道に来たときに、デスクに企画書を20本くらい持っていったんですよ。今思えば、取るに足らない企画ばかりなんですが(笑)、いっぱい提案していく中で、今までの報道記者のポートフォリオにはないものがポンと出てきたんです。そうやって少しずつ自分の色が出てきたというか。従来の報道のジャンルにはない領域で勝負していった感じですね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >