2017/12/11 07:00

工藤阿須加、初の月9出演で“童貞エリート”役に

芳根京子主演、2018年1月期のフジ系“月9”ドラマ「海月姫」で、“童貞エリート”である鯉淵修役で工藤阿須加が出演することが決定/(C)フジテレビ
芳根京子主演、2018年1月期のフジ系“月9”ドラマ「海月姫」で、“童貞エリート”である鯉淵修役で工藤阿須加が出演することが決定/(C)フジテレビ

芳根京子主演で、2018年1月期に放送される“月9”ドラマ「海月姫」(フジ系)。本作に、“童貞エリート”鯉淵修役で工藤阿須加が演じることが決定した。工藤は今回が初の“月9”出演となる。

同作は、東村アキコの人気コミックが原作。“クラゲオタク女子”の月海(芳根)が、クラゲがきっかけで、見たこともないほど美しい女性、と思いきや女装した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と、蔵之介の弟の修(工藤)に出会い、日常が一変していく。

修と蔵之介は、与党の最大派閥を率いる大物国会議員・鯉淵慶一郎を父に持つ異母兄弟。本妻との子である修は、父と舞台女優の愛人との子で、将来政治家にするという父の考えで母から離され、鯉淵家に引き取られた蔵之介の悲しみを思い、小さい頃から蔵之介のことをとても大切に思ってきた。

ただ、2人は全く正反対の人間として育ち、自由奔放な性格で、付き合った女性は数知れないプレイボーイ、そしてファッションとして女装を楽しむ規格外な個性を放つ蔵之介に対して、修は超がつくほど真面目な性格。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >