2017/12/12 19:42

又吉直樹「渋谷の街で『又吉がこっち見てるぞ』って、ザワザワされました(笑)」 ずぶ濡れで帰ったエピソードも!

初のテレビドラマ脚本を担当する又吉直樹/撮影=下田直樹
初のテレビドラマ脚本を担当する又吉直樹/撮影=下田直樹

人気芸人であり、芥川賞作家でもある又吉直樹が「許さないという暴力について考えろ」(12月26日火曜、NHK総合にて放送)でドラマの脚本に初挑戦。常に何かを発信し、世界が注目する「渋谷」を舞台に、自身の下積み時代の懐かしい思い出も詰まっている東京の街の“今”を切り取っていくという。完全オリジナル作品となる本作について又吉に直撃インタビューを行った。

――脚本を書くきっかけについて教えてください。

又吉「企画の段階で、渋谷を題材にという案をいただきました。最初の頃はもしかしたらコントになるのかなと思ったりもしましたけど(笑)、書き進めていくうちに、これはやっぱりドラマだなと気付いて。映像になったらどうなるのか、すごく見てみたいと思える作品になっています」

――脚本執筆の合間には、実際に渋谷の街を歩いてネタ探しをしていたとか!

又吉「駅前や百軒店とかをブラブラしましたね。撮影で使うお店を教えてもらって、腕を組みながら30分ぐらい中の様子を見ていたこともあります。ガラス張りの店だったので『おい、又吉がこっちを見てるぞ』って、お客さんたちがザワザワしていましたね(笑)。自分の想像だけで書くと、人間として普通の動きになってしまうんですよ。でも、人間って結構めちゃくちゃなことをするんです。席を立って一回外に出て行って『あ、ちゃうわ』みたいな顔でトイレに行く人とか(笑)。どんな間違え方やねんって思うけど、こういうもんやんなぁって。あっ、今のエピソードは脚本に反映させてないですよ(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >