2017/12/21 09:00

ロバート・秋山が考える「週刊ザテレビジョン」編集者のキャラとは?

SPドラマ「黒い十人の秋山」で前代未聞!?1人10役に挑むロバート・秋山竜次に直撃インタビュー!/撮影=カノウリョウマ/取材・文=原田健
SPドラマ「黒い十人の秋山」で前代未聞!?1人10役に挑むロバート・秋山竜次に直撃インタビュー!/撮影=カノウリョウマ/取材・文=原田健

お笑いトリオ、ロバート・秋山竜次が初の単独主演を務めるSPドラマ「黒い十人の秋山」が、テレビ東京系で12月26日(火)に放送される。

同ドラマは、クリエイターズ・ファイルが大きな話題を呼び、普段から細かいキャラクターの作り込みと、その成り切りぶりに定評のある秋山が、おそらく日本ドラマ史上初となる1人10役に挑む本格ミステリードラマだ。

嵐の夜、離島のホテルで殺人事件が発生。容疑者として挙げられたのは、オペラ歌手、美人秘書、外国人画家、建設会社社長(全て演じるのは秋山!)といった個性豊かな面々だった。果たして誰が犯人なのか!? 事件の謎を解く鍵は過去の未解決時間にあり…といったストーリーに仕上がっている。

今回、主演の秋山にインタビューを敢行し、同企画を初めて聞いたときの感想や撮影秘話、見どころなどについて語ってもらった。

■ 10役演じていると…引いちゃいました(笑)

――1人10役というチャレンジングな企画ですが、初めて聞いたときの感想は?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >