2017/12/15 16:46

「ドクターX」壮絶な最終回が毎分最高28.9%! 未知子&晶さんの号泣に大反響

米倉涼子主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」が最終回を迎えた/(C)テレビ朝日
米倉涼子主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」が最終回を迎えた/(C)テレビ朝日

12月14日に放送された米倉涼子主演の木曜ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の最終回が、25.3%を記録。同時間帯トップ、同日全時間帯トップとなる高視聴率で、毎分最高視聴率は28.9%をマークし、失敗しないドラマの底力を見せつけた。(数字は本記事内すべてビデオリサーチ調べ) ※以下、ネタバレあり。

最終回は、不世出の天才外科医・大門未知子(米倉)が倒れたところからスタート。未知子の師匠である神原晶(岸部)も、“同志”である麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずる。

その直後、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることに。

内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態。しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否していた。

もちろん“3タカシ”こと海老名教授(遠藤憲一)ら副部長トリオも責任の重さから二の足を踏む中、“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が登場。ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…ある条件が満たされないと分かるとあっさり引き下がるという、いつものおちゃめさを見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >