2017/12/26 10:00

八代亜紀、音楽フェスの出演に「若者のエキスがあった方がいい!」

八代亜紀の素顔に迫るドキュメンタリー
八代亜紀の素顔に迫るドキュメンタリー

12月29日(金)、八代亜紀に約半年間密着したドキュメンタリー番組「素顔の八代亜紀(仮)」(夜8:00-9:55、BSフジ)が放送される。

演歌歌手として「舟唄」や「恋の慕情」など多数のヒット曲を持つ他、ジャズやブルースなども歌い上げる八代。近年では音楽フェスへの精力的に参加し、活動の幅を広げている。さらに、画家としてフランス最古の画壇「ル・サロン展」にて5年連続入選し永久会員となるなど、マルチな才能を見せている。

番組では、八代がジャズアルバムの制作に取り組む様子や、ことし10月に行われた34年ぶりとなるロサンゼルス公演の模様、舞台裏を紹介。今回、八代にインタビューを行い、自身の活動に対する哲学、さらには地元・熊本の復興に対する思いを聞いた。

――今回、八代さんにとって34年ぶりになる、ご自身2度目のロサンゼルス公演が実現しました。オファーがあった時の感想を教えてください。

日本語を勉強する学生のための奨学金基金が開催するコンサートで、2年前からオファーがあったんですけど、スケジュール的に時間が合わなくて、やっと今回、行けることになったんです。私は日本が大好きで、日本を応援するためならいろんなことをしたいと思っていますので、「(コンサートを)やらなきゃ。手伝わなきゃいけないな!」と。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >