2017/12/17 06:00

黒木メイサ「こんな大きな息子がいるなんて…」初の“中学生の母”役に

黒木メイサがネスレショートムービー「星に願いを」第3話で主演を務める
黒木メイサがネスレショートムービー「星に願いを」第3話で主演を務める

10月期にテレビ朝日系で放送された「オトナ高校」では、過激なせりふを連発し、個性的な役を体現した女優・黒木メイサが、ネスレショートムービー「星に願いを」の第3話『流れ星までの1時間』で、初めて中学生の子供を持つシングルマザー役に挑戦することが分かった。

ネスレショートムービー「星に願いを」は、星降丘で一緒に流れ星を見た2人は結ばれる、というジンクスから“恋人たちの聖地”となった星降町を舞台としたショートムービー。同じ場所で、しし座流星群をそれぞれの思いで見詰める女性たちを描く。

『流れ星までの1時間』は、知英初監督作品としても話題の第1話『1人じゃなくなる1日』、第2話『運命と出会うまでの1週間』とリンクした、星降町での1つの物語。黒木が主演を務める。

星降町で暮らすシングルマザーの鬼塚遥(黒木)は5年前に離婚し、女手1つで思春期中学生の息子・希良亜(荒木飛羽)を育てていた。

ある日、元夫・幸之助(淵上泰史)と離婚して以来の電話で、弟の晴彦(松大航也)が幸之助にある相談事をしていることを知り…というストーリーだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >