2017/12/20 08:00

沢尻エリカ、6年ぶり主演映画が公開決定

沢尻エリカの6年ぶりの主演映画では孤独な女性と猫のちょっと不思議で心温まる物語を描く/(C)2018 「猫は抱くもの」製作委員会
沢尻エリカの6年ぶりの主演映画では孤独な女性と猫のちょっと不思議で心温まる物語を描く/(C)2018 「猫は抱くもの」製作委員会

2018年6月23日(土)公開の映画「猫は抱くもの」で、沢尻エリカが「ヘルタースケルター」(2012年)以来6年ぶりに主演を務めることが分かった。10月30日より撮影が始まり、このほどクランクアップを迎えた。

沢尻演じる主人公・大石沙織は、思い通りの生き方ができず、心に孤独を抱えた30代の女性。本作では、自分を沙織の恋人だと信じる猫との心温まる不思議な物語が描かれる。

監督は、「ジョゼと虎と魚たち」(2003年)、「メゾン・ド・ヒミコ」(2005年)などの繊細な恋愛ドラマから、「のぼうの城」(2012年)のような歴史大作まで幅広いジャンルの作品でメガホンを取った犬童一心。

漫画「グーグーだって猫である」(大島弓子原作)の映画版(2008年)とテレビドラマ版(2014、2016年)で“猫映画”の演出も手掛けた犬童監督が、“人の世界”と“猫の世界”を混在させた犬童ワールドを描き出す。

原作は、推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説(キノブックス刊)。脚本は、ドラマ版「グーグーだって猫である」で犬童監督とタッグを組んだ高田亮が担当する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >