2017/12/23 08:30

仁科亜季子の初恋相手である大スターとは?

「爆報!THEフライデー」に仁科亜季子が出演
「爆報!THEフライデー」に仁科亜季子が出演

有名人の知られざる一面を徹底紹介するバラエティー「爆報!THEフライデー」(TBS系)。12月22日の放送では、ゲストに女優の仁科亜季子が出演、ある大スターとの初恋の思い出を語った。

仁科は、1972年に19歳で女優デビュー、1979年には俳優の松方弘樹と結婚したが、結婚前に一度だけ本気の恋に落ちていたという。

仁科が14歳だった時、歌舞伎役者の父の元に、知り合いである人間国宝の息子が行方不明になったので探していると、母親が訪ねてきた。その彼の写真を見た仁科は一目ぼれ。「初恋ですね。初めて男の方を意識したかな」。

その後、彼は16歳で芸能界デビュー。デビュー曲で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、一気にスターに。そして仁科は、母に頼んで彼の楽屋を訪れた。「めちゃくちゃかっこよかった。大人って感じ」。奥手だった仁科は、ファンとして手紙を送った。

すると、仁科が再び楽屋を訪れた際、突然おでこにキスされたのだ。完全に心奪われてしまった仁科だが、彼は今をときめくスター、これ以上近付くことは許されないとして、気持ちを押さえ込もうとした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >