2017/12/22 21:00

荒牧慶彦、前座長・鈴木拡樹から“信念”受け継ぎ熱い意気込み 舞台『刀剣乱舞』3作目にして“兄弟刀”登場に喜びも

囲み会見に出席した(上段左から時計回入りに)成松慶彦、和田雅成、荒牧慶彦、横山真史、飯山裕太、武子直輝、北川尚弥、納谷健、木津つばさ/© 舞台『刀剣乱舞』製作委員会
囲み会見に出席した(上段左から時計回入りに)成松慶彦、和田雅成、荒牧慶彦、横山真史、飯山裕太、武子直輝、北川尚弥、納谷健、木津つばさ/© 舞台『刀剣乱舞』製作委員会

PCブラウザ&スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が原案の舞台『刀剣乱舞』 ジョ伝 三つら星刀語りが12月15日(金)、東京・TOKYO DOME CITY HALLで開幕。座長・山姥切国広役の荒牧慶彦をはじめ、和田雅成、納谷健、北川尚弥、武子直輝、横山真史、成松慶彦、木津つばさ、飯山裕太といった九振りの刀剣男士を演じるキャストがそろって意気込みを語った。

「刀剣乱舞」は名だたる刀剣に宿る個性豊かな付喪神が“刀剣男士”として登場する、女性を中心に人気を博す一大コンテンツ。ミュージカル化、アニメ化もされ、舞台『刀剣乱舞』は第1弾公演“虚伝  燃ゆる本能寺”(2016年5月、同12月再演)、第2弾公演“義伝  暁の独眼竜”(2017年6月)に続き今作が3作目となる。

今作は「序伝」と「如伝」の2幕で構成され、1幕に散りばめられた様々な伏線を2幕で余さず回収する緻密な展開で見応え十分。舞台版に初めて触れるファンも楽しめることはもちろん、これまでのシリーズとリンクする場面もあるなど“刀剣乱舞”の世界をより掘り下げた重厚ストーリーを描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >