2017/12/26 12:00

又吉直樹と西野亮廣 対談「売れなかったら作ったことにならない」(連載第二回)

又吉 僕は文章書くの好きなんで、ずっと文章を書いてたけど、それが本になるっていうのは、そのころは思えてなかった。やっぱり、「まず世に出ないと無理なんかなあ」、みたいなもんが、意識としてはあった。だから西野くんのことは、うらやましかったですね。自分の好きなことをやってるっていうのが。今もヒゲ生やしてるのとか、めっちゃうらやましい。

西野 はははは。

又吉 結構重要なんです。「こいつはヒゲ生やせる奴なんや」って。ヒゲ剃らな出られへん場所がない。

西野 なるほど。

又吉 剃らないかん時は剃るんやろうけど、それが一週間以上ないっていう。僕、ヒゲ剃らな出られへん場所があるんで。ほんまはヒゲぼうぼう人間なのに。

西野 そんなこと考えてんの?ヒゲうらやましいなって思ってんの?

又吉 僕は何歳でヒゲ生やし始めれんのやろって、お風呂入ったらいっつも思う。

■ やりたいことだけやれる状況を作ることの重要性

西野 たとえばテレビに対して交渉しようと思うなら、テレビに出なくていいって状況を作っとかないと。不利な条件を持って来られた時に、「俺、それやらないですよ」って言えない。これは全部に対してそう。テレビに対してもそうだし、出版社に対しても、吉本興業に対しても、「それだったら僕辞めます」っていう状況をとにかく作らないと、っていうのがすごくある。そっちのほうが、結果的におもしろくなるっていう。「辞めるぞ」っていうカードを持ってたほうが、吉本興業とも、もっとおもしろく付き合えるんじゃないかって。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >