2018/01/04 19:01

宮迫博之「M-1の審査よりも難しかった」ありえない映像とは?

宮迫博之がMCを務める番組「超ド級!世界のありえない映像大賞」が1月5日(金)に放送/(C)フジテレビ
宮迫博之がMCを務める番組「超ド級!世界のありえない映像大賞」が1月5日(金)に放送/(C)フジテレビ

1月5日(金)に、宮迫博之がMCを務める番組「超ド級!世界のありえない映像大賞」(夜7:00-9:54、フジテレビ系)が放送。世界中から集められた“ありえない”と思ってしまう驚きの映像の中から、“究極のありえない映像大賞”を決定する。

この大賞の審査委員長は、MCの宮迫が兼任。さらにアンミカ、柴田理恵、高橋真麻、的場浩司も審査員として登場する。

番組ではハプニングの瞬間や神秘的な大自然、かわいらしい動物たちなどの映像を、“まさに決定的瞬間”部門、“キュンキュンかわいすぎる部門”、“ハラハラドキドキ! 目が離せない部門”、“予想を裏切られた部門”、“あっと驚いた! どんでん返し部門”など、合計7部門に分けて次々と紹介していく。

番組収録後に「収録はあっという間に感じて、もっと見たいなってくらいのスピード感でした」と振り返った宮迫。"究極のありえない映像大賞"の審査について「M-1の審査よりも難しかったです(笑)。難航しましたね。漫才やコントなど小さいジャンルではなく、総合芸能という大きなジャンルですから」と苦労も明かした。

また、視聴者へ向けて「ハッピーな映像や驚きの映像などいろんな映像が見れますので、良い意味で感情の運動になると思います。少し情緒の不調を感じている方は、これを見て情緒をかき乱して元に戻していただけたらと(笑)。ぜひ皆さんご覧ください」と見どころを語った。(ザテレビジョン)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >