2018/01/12 06:00

ディザスター映画の“フルコース”「ジオストーム」の誕生秘話をスタッフが激白!

地球滅亡の危機を救うため、指揮を執るジェイク(ジェラルド・バトラー)/(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
地球滅亡の危機を救うため、指揮を執るジェイク(ジェラルド・バトラー)/(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ジェラルド・バトラーが主演を務め、ディーン・デブリン監督によるディザスター映画の“フルコース”と言っても過言ではないスケールの映画「ジオストーム」が、1月19日(金)に全国で公開される。

今作は、世界の天候は気象コントロール衛星“ダッチボーイ”によって管理されていたが、突如その“ダッチボーイ”が大暴走するところからスタート! 世界中で不可解な異常気象が次々に起こり始める。

これまでのディザスター映画を1本分にまとめたかのような本作の誕生秘話を、監督をはじめとした制作スタッフが明かした。

「ジオストーム」には、“絶対0度の大寒波”“複数同時竜巻”“雨のように降り注ぐカミナリ”“バスほどの大きさの巨大雹(ひょう)”など、これまでハリウッド映画が描いてきたディザスターシーンの数々が詰まっており、ディザスター映画のフルコースといえる作品だ! 

ディーン監督は「これまで“コントロールの効かなくなった自然”というのは、今までしばしば映画で描かれてきた。今回は人の手が介入しなければ起こりえなかった災害、つまりある意味“人災”の怖さを描きたかったんだよ」と語り、今作で“人災”を描きたかったことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >