2018/01/17 07:00

「トドメの接吻」で連ドラ初出演! 山本亜依が芝居に懸ける思い

「トドメの接吻」で小柳奈々子を演じる山本亜依/撮影=カノウリョウマ
「トドメの接吻」で小柳奈々子を演じる山本亜依/撮影=カノウリョウマ

キスをされると殺されてしまい、タイムリープを繰り返すという謎のドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)で、主人公のホスト・旺太郎(山崎賢人)がターゲットにするお嬢様・美尊(新木優子)の乗馬仲間・小柳奈々子を演じるのが、山本亜依。アイドルとして2年間活動している間に、お芝居への思いが募り、女優の道へ飛び込んだ22歳だ。

――もともとお芝居に興味があったそうですが、何かきっかけが?

中学生の時の文化祭の学級劇がすごい本格的で、劇団出身の方の指導の下、半年ぐらい掛けて準備したんです。戦争が題材で、最後に私が「戦争はいやだー!」って叫んで幕が降りるというお芝居だったんですけど、その後、「心に響きました」というお便りをいただいたりして、お芝居で人の心を動かすことができるんだって思って、子供ながらにすごくうれしくて。それからずっと心のどこかにお芝居への憧れがあったんです。その後、アイドルに挑戦できたことで、お芝居への思いがさらに募っていきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >