2018/01/16 16:00

【テレビの開拓者たち / 鮫肌文殊】「放送作家はみんなドM(笑)。禁止事項が多いほど逆に燃えるんです」

さめはだ・もんぢゅ=1965年10月15日生まれ、兵庫県出身
さめはだ・もんぢゅ=1965年10月15日生まれ、兵庫県出身

「進め!電波少年」から始まった「電波少年」シリーズ(1992~2003年日本テレビ系)をはじめ、「ASAYAN」(1995~2002年テレビ東京系)、「ガチンコ!」(1999~2003年TBS系)など、数々の爆笑バラエティーに、そのインパクト大なペンネームを刻んできた放送作家・鮫肌文殊。絶好調の日本テレビの象徴ともいうべき高視聴率番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、過酷すぎる“無情のアイドルオーディション番組”「ラストアイドル」(テレビ朝日系)という、現在構成を務めている人気バラエティー2本を軸に、テレビバラエティーの“来し方行く末”を語ってもらった。

■ 放送作家という職業があること自体、知らなかったんです(笑)

――まず、鮫肌さんが放送作家の道を歩むことになったきっかけからお聞かせください。

「元々は漫画家になりたくて、『少年チャンピオン』なんかに投稿していたんですけど、本名の井上だと平凡すぎて編集者に覚えてもらえないから、一度聞いたら忘れられないインパクトのある名前にしようと思ってつけたペンネームが、『鮫肌文殊』だったんです。そんな中で、『ビックリハウス』(※70~80年代にコアな人気を博したサブカル系投稿雑誌)にも投稿し始めたら、いくつか賞をもらうようになって。その投稿を読んで面白がってくれた中島らもさんから、『なげやり倶楽部』(1985~1986年読売テレビ)という、らもさんが司会の深夜番組のブレーンとして誘ってもらったのが、そもそものきっかけです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >