2018/01/17 05:40

狩野英孝、“トラウマ”告白「女の子がボイスレコーダーを持っているんじゃ…」

狩野英孝があるトラウマを語る/(C)AbemaTV
狩野英孝があるトラウマを語る/(C)AbemaTV

1月12日に放送された「必殺!バカリズム地獄」(AbemaSPECIAL)に、狩野英孝が登場。女性に対してのあるトラウマを明かした。

新春2時間スペシャルで放送された同回。第1部では、狩野と三四郎・小宮浩信が登場し、バカリズムと共に「マセキ芸能社」所属の“マセキ三銃士”として、トークを展開。

バカリズムが「生活の方は、どうなんですか? もう遊べなくなっている訳でしょ?」と、去年の5月末まで芸能活動を自粛していた狩野に問うと、「外食とかは普通にしていますよ。でも打ち上げで、マセキの芸人7、8人ぐらいで飲んでいたら、その中の1人が『女の子呼んで良いですか?』って言って、2人くらい女の子が来た。

僕、その時、女の子がボイスレコーダーを持っているんじゃないかとか、(お店を)出た瞬間に、写真に撮られるんじゃないかとか、怖くなって、仲がいい後輩を1人連れて、先に帰りました。(もう)楽しめなくなっちゃった」と、過去を引きずっている様子を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >