2018/01/19 12:00

志尊淳、“女性役”は「野球のマスコットキャラクターがアクロバットしているようなもん」

リアルな“合コン”シーンが話題になった第1話/(C)NHK
リアルな“合コン”シーンが話題になった第1話/(C)NHK

1月19日(金)夜10時から第3話が放送される「女子的生活」(毎週金夜10:00-10:50、NHK総合)。

同作は、志尊淳演じるヒロイン・小川みきが、さまざまな理不尽な出来事に振り回されながらも強く生きていく姿を描いている。

姿勢よく、きれいな仕草で、優しい口調のみき。そんな彼女の美しい姿を形作ったトランスジェンダー指導の西原さつきが、志尊と対談。

ただの“女装”ではなく“女性役”という難役に挑戦した志尊が撮影の1ヵ月前から取り組んだというトレーニングの裏側などを明かした。

■ 通常1年かかるトレーニングを1ヵ月に落とし込んだ

――通常、西原さんが代表講師として一般の受講生の方に指導されている「乙女塾」では、トレーニングに1年くらいかかると伺いました。でも今回、西原さんは志尊さんに、女性の所作や声の出し方、話し方などをクランク・インまでの約1ヵ月の間でトレーニングをされたそうですね。

西原:そうですね。本当にすごくできる人でも半年はかかります。今回のドラマでは、通常は1年かかるトレーニングを撮影までの約1ヵ月に落とし込んで行いました。トレーニングでは足の筋肉に負荷がかかるので、本来は筋肉を休ませる時間を作らないと仕上がっていかないんです。今回はその辺りもかなり、「志尊さんを追い詰めているなぁ」という自覚はありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >