2018/02/02 09:00

広瀬アリスが礼儀知らずのぶっ飛んだ巫女役に挑戦「でも、ある意味演じやすかった(笑)」

映画「巫女っちゃけん。」で主演を務める広瀬アリス/撮影=山下隼
映画「巫女っちゃけん。」で主演を務める広瀬アリス/撮影=山下隼

現在放送中の連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、主人公てん(葵わかな)の恋敵・リリコを演じ、その悪女ぶりが話題を呼んでいる女優の広瀬アリス。2017年は映画「氷菓」や「新宿スワンII」などの話題作にも出演し、女優としての活躍の幅を広げた1年となった。

そんな彼女の最新作にして、主演作となる映画「巫女っちゃけん。」が2月3日(土)に全国公開となる。今回はその撮影秘話や2018年の目標などを聞いた。

――主人公・しわすは“ガサツな巫女”という濃いキャラクターで、これまで広瀬さんが演じてきたおしとやかな役のイメージとはギャップがある女の子ですが、どのような役作りをされたんですか?

巫女役ということで、最初は所作や舞をすごく練習しました。でもクランクイン前にグ・スーヨン監督から「一度それを全部捨ててください」と言われたので、撮影中はとにかく“ガサツ”を意識していました。そういうところは私にも昔からあったので、ある意味演じやすかったです(笑)。「あ、何も気にしなくていいんだ!」って、ホッとした自分がいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >