2018/01/27 15:00

「わろてんか」藤吉の死で新章へ!朝ドラは“第100回前後”がキーワード?

第97回で、藤吉(松坂桃李)が帰らぬ人となった「わろてんか」/(C)NHK
第97回で、藤吉(松坂桃李)が帰らぬ人となった「わろてんか」/(C)NHK

放送中の連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。1月27日にオンエアされた第97回では、ヒロイン・てん(葵わかな)の夫である藤吉(松坂桃李)が帰らぬ人となり、SNSを中心に惜しむ声が上がっている。

京都の薬種問屋に生まれた少女・てん(子役=新井美羽)は、旅芸人をしていた藤吉と出会い、やがて駆け落ち同然で家を出る。大阪にある藤吉の実家・北村屋に身を寄せたてんだったが、待ち受けていたのはしゅうとめ・啄子(鈴木京香)による“いけず”だった。

逆境の中、てんは持ち前の明るさと根性で乗り切るも、積み重なる借金によって北村屋は廃業。てんと藤吉は、寄席の興行を始めることになった。

そんないつも夫婦二人で寄り添っていた物語なだけに、今回の展開には「涙が止まらない」という声が相次いだ。

■ 史実はどうだった?

てんのモデルである吉本せいが、夫・吉兵衛に嫁いだのは1907(明治40)年のこと。吉兵衛は、大阪の荒物問屋の次男坊だった。長男が幼くして亡くなったため、吉兵衛が跡取り息子となっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >