2018/01/28 07:00

【テレビの開拓者たち / 蜜谷浩弥】ダウンタウン、桑田佳祐ら、天才たちから学んだ“ゼロからのもの作り”の精神

みつたに・ひろや=1978年6月24日生まれ、石川県出身
みつたに・ひろや=1978年6月24日生まれ、石川県出身

フジテレビに入社後、「笑う犬」シリーズ(1998~2003年)をはじめ、「ネプリーグ」(2003年~)、「井の中のカワズ君」(2005~2006年)など、数多くの人気番組に携わってきた蜜谷浩弥氏。長年にわたりバラエティー畑で仕事をしている彼は、一体どんな風に笑いと向き合いながら番組を作っているのか。また、「桑田佳祐の音楽寅さん」(第2期/2009年)や「ダウンタウンなう」(2015年~)など、“天才”たちとともに番組を作る中で学んだこと、さらに、1月からレギュラー番組として待望の復活を遂げる「ジャンクSPORTS」の見どころも語ってくれた。

■ お笑いに関して何も知らなかったので、それがずっとコンプレックスでした

――蜜谷さんはもともと、お笑いに興味があったんでしょうか?

「いえ、子供のころは、お笑い番組は全く見ていませんでした。大学生になってからも、卒業したら官僚になって、いずれ地元に帰って政治家になろうかなと考えていたので、テレビはほとんど見ていなかったんですよ。でも、官僚の試験対策で『民間の企業も受けた方がいいよ』と勧められて。じゃあ一番早く就職試験が行われるところで練習しようと思って、フジテレビのアナウンサー試験を受けたんです。もちろん落ちたんですけど、『アナウンサーより制作が向いてるんじゃない?』と人事の方に言われたことがきっかけで、興味が出てきたんですよね。お笑いには興味はありませんでしたが、そもそも、もの作りというか、ゼロから何かを生み出すことに興味はあったんだと思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >