2018/01/31 05:00

滝沢秀明、初の弁護士役に悪戦苦闘中「夢にも出てきます、文字だけ(笑)」

制作発表会見に出席した(左から)遠藤憲一、横山めぐみ
制作発表会見に出席した(左から)遠藤憲一、横山めぐみ

2月3日(土)にスタートする“オトナの土ドラ”枠のドラマ「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の試写会と制作発表会見が行われ、主演を務める滝沢秀明を筆頭に、遠藤憲一、片岡鶴太郎、谷村美月、横山めぐみが登場した。

同ドラマは小杉健治の「父と子の旅路」を原作に、あらがうことのできない運命に翻弄(ほんろう)されていく弁護士・浅利祐介(滝沢)の苦悩を描く。骨太な人間ドラマとなっており、泣けるサスペンスだ。

初めて弁護士役を演じる滝沢は、「非常に難しい。弁護士として冷静な部分を保ちつつ、自分の案件でもありますので、役作りに苦労しています。事件に対して真剣に立ち向かっていく一人の男の成長物語も同時進行で描いていると思いますので、祐介の成長も意識して、最後までやり切りたいという気持ちで臨んでいます」と今回の役どころの難しさを明かす。

専門用語も多く、膨大な量のせりふを覚えることに苦労しているそうで、「時間があるときは、ずっと台本読んでますね。撮休も合間も撮影が終わってから寝る瞬間まで、ひたすら台本を見てます。それくらいやらないと追いつかなくて…。。専門用語は多くて、頭の中はぐちゃぐちゃになってます(笑)。夢にも出てきます、文字だけ(笑)」と苦笑い。さらに、「5分あれば台本を見たいですし、明日もものすごく長いシーンがあるので、とにかく早く帰って覚えたいです(笑)」と、頭の中は作品のことでいっぱいのようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >