2018/01/31 15:14

滝沢秀明「自分も大人になったんだな」初の弁護士役に感慨

滝沢秀明が9年ぶりに主演&主題歌を担当する/(C)東海テレビ
滝沢秀明が9年ぶりに主演&主題歌を担当する/(C)東海テレビ

2月3日(土)に初回放送を迎える、滝沢秀明主演の“オトナの土ドラ”「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)。

本作は、一家惨殺事件の生き残りである弁護士・浅利祐介(滝沢)が、その犯人とされる死刑囚・柳瀬光三(遠藤憲一)の再審請求を通して真実と向き合う、骨太の“泣けるサスペンス”だ。

小杉健治による原作「父と子の旅路」では死刑囚・柳瀬が主人公だが、本作では弁護士・祐介の視点からそれぞれの家族の愛を描く。

台本を読んで「本当に大人の作品で、自分もそういう年になったんだなって思いました」と第一印象を明かす滝沢に、演じる役柄や見どころなどを聞いた。

――今回演じる祐介という役について、どのように感じますか?

すごく難しい役ですね。ものすごく複雑な感情を表現しないといけないです。家族を殺されて、その死刑囚の再審請求依頼を受ける役ですが、やっぱり「なんで俺が?」ってところがあると思うんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >