2018/02/07 06:00

斎藤工、ボディーガード役のために「トレーニング用の部屋を作りました」

「BG~身辺警護人~」に出演する斎藤工/撮影=阿部岳人
「BG~身辺警護人~」に出演する斎藤工/撮影=阿部岳人

テレビ朝日系で毎週木曜夜9時から放送中のドラマ「BG~身辺警護人~」。木村拓哉主演、井上由美子脚本による、武器を持たない民間ボディーガードたちの活躍や葛藤を描いた人間ドラマだ。

木村は、敏腕だがある事情で一度ボディーガード職を離れ、勤務先に身辺警護課が新設されたことから過去を隠して復帰した島崎章を演じる。

身辺警護課のメンバーは章(木村)の他、課長の村田(上川隆也)、元自衛隊員の高梨(斎藤工)、紅一点のまゆ(菜々緒)、最年少の沢口(間宮祥太朗)の5人。中でも、能力は高いが意固地な性格で、章と張り合ってばかりの高梨がドラマの盛り上げに一役買っている。

そこで高梨を演じる斎藤にインタビューを実施。役への思いを語ってもらった。

――役についての印象を教えてください。

今のところは少し意地を張って輪を乱していたりと、良くも悪くも元自衛隊員としてのキャリアに(言動が)左右される人ではあります。

身辺警護課の中でもジョーカー的な部分があるのかなと思いますが、でも単なるわがままというだけではなく、彼なりの理念に基づいた行動や発言だということが、ゆくゆくは分かってもらえればと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >