2018/02/01 07:16

広瀬すず主演「anone」、小林聡美の壮絶過去を支えた“幽霊”、ネコの流し目、音声案内【第4話せりふまとめ】

「anone」第5話より。ハリカ(広瀬すず)と亜乃音(田中裕子)はもはや親子のように心を通わせる/(C)NTV
「anone」第5話より。ハリカ(広瀬すず)と亜乃音(田中裕子)はもはや親子のように心を通わせる/(C)NTV

日本テレビ系水曜ドラマ「anone」(毎週水曜夜10:00-11:00)が1月31日に放送された。

第4話は、小林聡美演じるるい子の壮絶な半生と、るい子にしか見えない“幽霊のような”少女・アオバ(蒔田彩珠)の真実が描かれた。

ドラマを見た人はもちろん、ドラマを見ていない人も噛み締めたくなる脚本家・坂元裕二の言葉と、主演・広瀬すずらの熱演を一気に振り返ります!

■ 「世の中の悲しいことにいちいち感情移入してたら身が持たないよ。忘れなさい」林田亜乃音(田中裕子)

■ 「落とし物をしたら、探すことができるでしょ。探し物したらもっと面白いもの見つかるかも。楽しいよね」林田亜乃音(田中裕子)

■ 「お金は自由が買えるからね」辻沢ハリカ(広瀬すず)

まずは、人生の哲学編。発砲事件を起こし、最終的には自殺した西海(川瀬陽太)のことを「救えたかも」と思い悩むハリカ(広瀬)に亜乃音(田中)が掛けた言葉。

そして、2つ目のせりふは「落とし物ばっかりするのはいけないこと」と語る玲(江口のりこ)の息子・陽人(はると・守永伊吹)に諭したポジティブフレーズ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >