2018/02/10 12:21

西田敏行、竹下景子「日曜名作座」放送61年の思いを語る

西田敏行、竹下景子が数々の名作をラジオドラマという形で紹介/(C)NHK
西田敏行、竹下景子が数々の名作をラジオドラマという形で紹介/(C)NHK

西田敏行、竹下景子の声の演技でつづられるラジオドラマ「新日曜名作座」(毎週日曜夜7:20‐7:50、ラジオ第一)が4月で10周年を迎える。

同番組は、森繁久彌と加藤道子が1957年から2008年までの51年間にわたり放送してきた「日曜名作座」を、西田と竹下が引き継いだ新シリーズ。会見に応じた2人は、番組を担当することになってから10年が経った感想や、合わせて61年となった長寿番組に出演している思いなどを語った。

西田は「もう10年経ったのかと、そんな思いでいます。森繁さんとお会いすると『ラジオはいいぞ。ラジオは楽しい』といつもおっしゃっていました。そのことが10年やらせていただいて、つくづく感じます。

私も幼少のころはラジオで『笛吹童子』や『一丁目一番地』など、いろいろな番組を聞かせていただき情操を育んだんですね。そのおかげで、この優しい立派な人間が形成されたんだと思っております(笑)。ラジオという耳で聞く感覚は、お子さんの情操を育む媒体ではないかなと考えています」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >