2018/02/07 06:00

B1A4・ジニョン、アイドルと俳優両立の秘訣は「自分自身がまず楽しむこと」

ドラマ「雲が描いた月明り」に出演中のジニョン
ドラマ「雲が描いた月明り」に出演中のジニョン

'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録したドラマ「雲が描いた月明り」。日本でもテレビ東京やKNTVなどで放送された話題作だが、'18年1月23日からはBS-TBSでも放送が開始した。同ドラマは、男装して生きてきた恋愛相談の専門家・ラオン(キム・ユジョン)と皇太子のヨン(パク・ボゴム)の、身分を超えた恋愛を描くラブコメディーだ。

ラオンが女性だとすぐに見抜き、彼女に引かれていく官僚のキム・ユンソンを演じるのは、アイドルグループ・B1A4のリーダーとしても活躍するジニョン。時代劇初出演でありながら、圧倒的な存在感でドラマを彩っている。

今回、ザテレビジョンではドラマのプロモーションのため来日したジニョンにインタビューを遂行。ドラマや自身が演じる役について、さらに自身の意外な一面についても語ってもらった。

■ たくさんの方々に愛してもらえた

――このドラマはジニョンさんにとって、どんな作品になりましたか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >