2018/02/07 07:00

アニメ「メルヘン・メドヘン」インタビュー(1) 日高里菜「はじめましての方が多かったので、それはドキドキでした」

日高里菜、大津愛理がアニメ「メルヘン・メドヘン」第4話のアフレコ後、インビューに応じてくれた/(C)MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会
日高里菜、大津愛理がアニメ「メルヘン・メドヘン」第4話のアフレコ後、インビューに応じてくれた/(C)MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会

オリジナルTVアニメ「メルヘン・メドヘン」が、AT-Xほかで放送中。第4話のアフレコ後には、リン・デイヴス役の日高里菜、マリヤ・ラスプーチン役の大津愛理がインビューに応じてくれた。

「メルヘン・メドヘン」は、物語の原書に選ばれた見習い原書使いの少女“メドヘン”たちの、成長と戦いの軌跡を描く魔法少女ファンタジー。各校対抗の魔法バトル大会が迫る中、メンバー不足で出場が危ぶまれる日本校。そのリーダー・土御門静の前に、読書と空想好きな女子高生・鍵村葉月が現れる。強力な「シンデレラ」の原書に選ばれた葉月は魔法学園に入学し、静たちと大会優勝を目指す。

■ 日高里菜「初めてお会いする方が多かったので収録はドキドキしましたが、楽しかったです」

――「メルヘン・メドヘン」の最初の印象はいかがでしたか?

日高:童話とか魔法少女って女の子の憧れで、通ってきた道なんです。それが「このキャラクターにはこの物語」って決まっているのが、新しいなと思いました。あとは、絵もすごく可愛いなって。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >