2018/02/07 19:20

草なぎ剛、久々の舞台出演「舞台に立つのはいつも怖い」

舞台出演は3年ぶりとなる草なぎ剛。過去には、つかこうへい作品に出演するなど舞台での評判も高い/(C)ザテレビジョン
舞台出演は3年ぶりとなる草なぎ剛。過去には、つかこうへい作品に出演するなど舞台での評判も高い/(C)ザテレビジョン

■ 3年ぶりの舞台は謎多き3人芝居

4月14日(土)を皮切りに、KAAT神奈川芸術劇場(神奈川)、シアタートラム(東京)ほかで上演される舞台「バリーターク」の会見が2月7日に行われ、同作で演出を手がける白井晃と、出演する草なぎ剛、松尾諭、小林勝也が登壇した。

アイルランドの劇作家・エンダ・ウォルシュによる戯曲「バリーターク」が、KAAT神奈川芸術劇場と世田谷パブリックシアターの共同制作で、KAAT芸術監督である白井晃の演出によって日本初演を迎える。

明かされているストーリーの概観は、『広い部屋。 そこに2人の男。 彼らは目覚まし時計の音で起き、80’sの音楽を聞きながら、 部屋をかけまわって着替えて食べて踊ってフィットネスをして、バリータークという村の話を語る。 ふたりはだれか。 どこにいるのか。 そして壁の向こうには何があるのか?』 というもの。

この“鬼才”ウォルシュならではの謎の多い設定の中で、日常的な営みを繰り返しつつも“バリーターク”という村の名前を口にし続ける“ふたり”を演じるのは、草なぎ剛と松尾諭。演出の白井晃は本戯曲を最初に読んだときからそのキャストに草なぎと松尾を思い浮かべたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >