2018/02/15 12:00

競技転向、資金難、年齢の壁…苦難乗り越え五輪切符を手にした”苦労人”アスリートたち

スキーエアリアル・田原直哉は競技転向を経験…いざ晴れ舞台!
スキーエアリアル・田原直哉は競技転向を経験…いざ晴れ舞台!"苦労人アスリート"に注目/写真:アフロスポーツ

選手それぞれが持つ人間ドラマに着目するのもオリンピックの楽しみ方の一つ。アルバイトをしながらつかんだ悲願の五輪切符、資金難に見舞われながらも開いた夢舞台への道、”年齢の壁”に挑み続けるベテラン…。「ザテレビジョン」が今大会の見どころを解説するこの企画、今回は五輪に全てを懸けたアスリートのエピソードを紹介する。

■ 元体操選手がスキー・エアリアルで不屈の挑戦!

37歳で初の五輪切符を手にした田原直哉(たばらなおや)は、かつて体操の代表候補だったが、ケガなどで'06年に引退。その後、フリースタイルスキー・エアリアルに転向し、アルバイトをしながら鍛錬を続けた努力を結実させ、12年間の努力を実らせオリンピアンとなった。

■ 資金難もクラウドファンディングを活用!

スキーアルペンの石井智也(いしいともや)は、'08年の世界ジュニアで3位に輝いた逸材。その後は度重なる故障に悩まされながらも懸命なリハビリの末、復帰。平昌で初の五輪の舞台へ乗り込んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >