2018/02/12 10:30

乃木坂46・1期生メンバーが率いる“軍団”の影響力とは?

センターを多く務める1期生の西野七瀬と3期生ながらセンターも務めた与田祐希(写真左から)
センターを多く務める1期生の西野七瀬と3期生ながらセンターも務めた与田祐希(写真左から)

2月11日の「乃木坂工事中」(テレビ東京)では、先週に引き続き、3期生が憧れの先輩メンバーにプレゼントを渡す「好きです♡先輩 乃木坂46 バレンタイン2018」の中盤戦が行われ、1期生の中田花奈が、前回のは久保史緒里、中村麗乃、佐藤楓に続き、今回も吉田綾乃クリスティーと山下美月に対して立候補するも誰からも貰えず5連敗目を記録。その一方で、乃木坂46メンバーを縦割りにする、“軍団”の存在が語られた。

山下美月には5名の先輩メンバー(若月佑美、白石麻衣、高山一実、生田絵梨花、中田花奈)が立候補し、その理由を若月は「“軍団員”です。それと(3期生PR大作戦企画でペアになり)紹介もしました。で、色なところで『“軍団長”ってどう言う方ですか?』みたいなインタビューがあった時に、絶対『憧れですって。私は若月さんみたいになりたい』って白石と一緒の名前で挙がってくるんです。(軍団に)一番初めに 『入りたい』って言ってくれたので」と、若月軍団の軍団員だが、一抹の不安があることを語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >