2018/02/13 05:30

新井浩文「俳優人生初」、あの衝撃ドラマをパロディー!親友・じろう脚本“バカメン”で

「卒業バカメンタリー」で清掃員・田村役で出演中の新井浩文/(C)NTV/JS
「卒業バカメンタリー」で清掃員・田村役で出演中の新井浩文/(C)NTV/JS

ジャニーズWESTの藤井流星、濱田崇裕が主演を務めるドキュメンタリー風青春ドラマ「卒業バカメンタリー」(日本テレビ)の第4話が2月12日に放送。新井浩文演じる清掃員・タムラが2017年に放送された“ドロキュン”ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)のパロディーで登場し、視聴者を驚かせた。

■ 本家のシーンをおさらい!

パロディーされたのは、嫉妬に狂う妻・森山蘭(水野美紀)がクローゼットに潜み、倉科カナ演じる主人公・光と蘭の夫・信(大谷亮平)がキスしたところに「ここにいるよ~」と飛び出す衝撃的なワンシーン。

「卒業バカメンタリー」では、ガク(藤井)、マオ(濱田)、コウキ(前田航基)、ジュン(吉田靖直)がのんびりと部室で過ごすところに、ロッカーからタムラが飛び出し「ここにいるよ~。見てたよ~。ここで見てたんだよ~ずっと」とニヤリ。マオは突然のことに腰を抜かした。

■ 30分のドラマで20分の長回しをするほどのこだわりぶり!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >