2018/02/19 14:39

「西郷どん」迫田孝也、田上晃吉がタッグを組んで“生きた薩摩ことば”を届ける

迫田孝也が“薩摩ことば”を伝える上での苦労や、魅力などを語ってくれた
迫田孝也が“薩摩ことば”を伝える上での苦労や、魅力などを語ってくれた

迫田孝也と田上晃吉が、大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00‐8:45ほか、NHK総合ほか)で、出演者に“薩摩ことば”を教える方言指導を担当している。

2人はどちらも鹿児島出身の俳優で、迫田は田上の5つ上の先輩にあたる。第1話から話題を呼んでいる薩摩ことば。出演者たちも口をそろえて「覚えるのが難しい」と明かすこの方言を、教えるにあたってどのような苦労があるのか、また、どんな魅力があるのかを聞いた。

――方言指導とはどのような仕事か教えてください。

迫田:まず、完成前の台本が届いて、それを薩摩ことばに直すんです。そして、それを全国の方が分かるレベルに合わせて台本が完成するんです。その後は、田上さんと全せりふを「速いバージョン」と「ゆっくりのバージョン」に分けてテープに吹き込むんですね。そのテープを演者の皆さんに送って、覚えてきてもらって、そこからが現場です。

現場で出演者の皆さんが発するイントネーションが、台本の雰囲気と違うものであった場合や、せりふが増えたり、削られたりしてイントネーションが変わった場合、そういった点を修正しています。また、エキストラの方たちにせりふがほしいとなった場合は、新しくせりふを作ったりもしていますね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >